一般社団法人全日本ヨガ検定協会

一般社団法人全日本ヨガ検定協会公式サイト

ホーム > ヨガ検定協会について

ヨガ検定協会について

設立目的

全日本ヨガ検定協会は、プロフェッショナルヨガ検定を実施する事を目的に設立された一般社団法人です。

インドの首相、ナレンドラ・モディ首相は、「インドの伝統的なヨガの知識を世界に広めたい、そして品質のよいヨガが世界中で実施されるような確かなシステムを作りたい」と考えました。その思いをAYUSH省とQCIが「プロフェショナルヨガ検定」という形で実現をしました。国際基準であるISO17024の認証システムを採用し、ヨガプロフェッショナルの方々の能力を、知識とスキルの両面から基準化し認証をさせて頂く事が目的です。

ストレス社会となった今、5000年以上の歴史を持つヨガの知識が人間の心と体に与える効果は、ヨガの流派を超え、世界中で大いに指示を得ています。
今後、求められているのは、信頼のできるヨガプロフェッショナルの育成と認定です。
この認定資格を通じ、信頼のできるヨガプロフェッショナルの認定およびその知識を広め、適切なステップを踏みながらこの目標に達成する事を応援出来たらと考えております。

インドQCIとの関係

インドでは、政府組織である、Quality Council of India(QCI)が認定を行っております。
またインド国内ではQCIの他にIndian Yoga AssociationおよびTQ Cert Services Private Limitedに検定団体としての認可がおり、検定を行っております。
日本では、認可がおりている当協会が検定団体として検定の実施をしております。

団体概要

名称

一般社団法人全日本ヨガ検定協会

設立

2015年10月8日

代表理事

小林七絵

所在地

〒150-0045 東京都渋谷区神泉町16-12

事業内容

インド政府Quality Council of India認定 プロフェッショナルヨガ検定 (英語名:Scheme for Voluntary Certification of Yoga Professionals)の企画・運営

お問合せ先

当ページのお問合せフォームより受付させていただきます。

ページのトップへ戻る